トップ

二次会は幹事選びが重要

二次会の幹事選びに迷ったら

二次会の幹事を頼む時のマナー

実際にやってみると分かるのですが、結婚式の準備は想像以上に忙しく悩むものだったりします。それと同じように妥協したくないのが二次会。二次会は、結婚式に招待できなかった人達にも声をかけて、みんなで楽しめるお楽しみの場でもあると言えます。どんな内容や進行にするのか特別なルールはありませんので、工夫次第、準備次第でいかようにも盛り上げて行くことができます。盛り上がる二次会についてのアイディアならこちら。せっかくなら、みんなが喜んでくれる楽しいものにしたいですよね。

しかしながら、二次会の幹事の依頼をする時は気を付けなければならないこともあります。皆忙しい毎日を送っている時代。幹事をお願いする時は、そんな相手の立場や気持ち、状況を尊重しながら行わなければなりません。幹事を依頼するのは、二次会の日の半年前~遅くとも2ヶ月前までにはしたいものです。それよりも後になると、依頼された方も引き受けにくくなりますし、引き受けてくれたとしても準備などで苦労させてしまい、相手にかなりの負担を強いてしまうことになります。

またどんなに親しい間柄であっても、幹事をお願いする時は丁寧にしたいもの。直接会ってお願いするのが一番良いのですが、これだと依頼された人が断りにくくなるといったデメリットもあります。まずはメールなどで打診し、引き受けてくれそうならその後直接会ってお願いするといった方法も良いかもしれません。その際、忙しい場合は断ってくれていいなどと前置きしてから伝えると、相手は気持ちが楽になりますし、こちらの気遣いも伝わるのでお勧めです。

また引き受けてくれたからと言って、幹事に全てを丸投げするようなことをしてはいけません。自分達でできることは自分達ですることが大切です。招待したいお客様の選定は自分達でしなければならないですし、個人情報の取り扱いなどを考えると、招待客の出欠についても自分達でする方が安心です。他にも会場や予算についても自分達で決めてから幹事に依頼した方がお互い楽です。依頼した後も、進捗についてチェックしたり、声掛けするなどして、あくまでも幹事と一緒に進めて行くつもりでいたいものです。


Copyright © 二次会の幹事選びに迷ったら. All rights reserved.